ページ先頭へ 前へ 次へ ページ末尾へ

関連ページ

房総横断乗車券
【小湊鐡道・いすみ鉄道】・
いすみ鉄道一日フリー乗車券

弧廻手形【銚子電鉄】

ユーカリが丘線一日乗車券【山万】




流山線一日フリー乗車券【流鉄流山線】

2019年6月16日

解説

流鉄一日フリー乗車券様式

値段:大人500円、子供:250円
有効期間:1日間
発売箇所:流山線各駅の窓口(Suica、PASMO等は使用できません)

流鉄流山線は、常磐線各駅停車の馬橋駅(快速は停まらない)から流山に至る全長5.7キロ、所要約11分の路線。
流山市方面へは他に、東武アーバンパークライン(野田線)、JR武蔵野線、つくばエクスプレス等があるが、流山線の流山駅は流山市役所の最寄り駅でもあり、周辺には「近藤勇陣屋跡」などの名所もある。
全線が単線で西武線からの車両がカラフルになって活躍していて施設も昭和の雰囲気が漂い、東京の通勤圏とは思えないような感じ。
そんな流山線が1日乗り放題のキップです。
馬橋〜流山が片道200円なので、単純往復では元は取れないが、途中下車や乗車を繰り返せば利用価値はあり、車両の写真が印刷された様式なので訪問の記念にもなる。
流鉄のサイト


カラフルな車両が活躍し、「さくら」「あかぎ」などの愛称もある(左)

のどかなムードの流山駅。流山市役所も近い(右)


流山駅内部

一昔前の駅の雰囲気が味わえる